~タチレクホテル・置屋情報-⑧2日目貴重なメコンリバーホテル付近の置屋-~

さて、これらのホテルのチェックを終えて、本日泊まっているホテルの部屋に戻りました。

少し疲れたので、夜まで一睡することにします。

起きたら、夕方になっていました。

大通りの交差点の方に出ていくと屋台が並んでいました。

この場所はタチレクでも夜になると屋台が並ぶエリアのようです。

安く食事を済ませたい場合、この屋台を利用するのもありでしょう。

少しお腹が減っていたので、前述のカフェ兼レストランで食事をしました。

今度は焼きうどんみたいなものを食べて、79バーツでした。

さて、腹ごしらえが終わりました。

せっかく日も落ちてきたので、置屋巡りにでも出かけようかなと思います。

トゥクトゥクでも拾おうかなと思っていると、メインロードから一本入った道のところにピンク色に光灯りを見つけました。

「これは・・・置屋っしょ!」と思って、そちらの置屋を探索してみる事にしました。

タチレクはメインロードから一本入るとかなり暗い道になります。

多少怖かったのですが、置屋の付近では屋台でお酒を飲んでいるおっちゃんとかもいて、それなりに明るい雰囲気でした。

ただ、おっちゃん達がいる分、置屋に入りにくいというのはありましたが。

置屋は2軒ありました。

1軒の置屋だけは見たのですが、1○歳のような子は自分が行った時にはいませんでした。

タチレクでは珍しく少し年齢層が高めでした。

しかし、料金は300バーツ均一で非常に安かったです。

ただ、ここの置屋は気に入った子がいなかったのでパスしました。

隣にも置屋がありそちらも見たのですが、そちらは既に女の子がいない状態のようでした。

ただ、これらの置屋については置屋が乏しいメコンリバーホテルエリアでは貴重な置屋になります。

コメントは受け付けていません。