~タチレクホテル・置屋情報-⑤2日目二軒並び置屋の奥で菊地亜美ちゃんと2発目-~

腹ごしらえをした後、場所を覚えていたので、実際に昨日の置屋まで歩いて行きました。

ただ、自分が今回選んだ中華系のホテルは思いのほか昨日の置屋までは距離がありました。

少し、自分のような歩いて置屋巡りをしたいタイプとしては、選択を誤ったような気がしています。

まぁ、トゥクトゥクで回るからいいよという人にとっては料金も安いし、快適なホテルではありますが。

結局、歩いて30分くらいはかかったでしょうか。

昨日の2軒並び置屋に到着しました。

本日は2軒並び置屋の中でも昨日入らなかった奥の置屋から攻めていこうと思います。

奥の置屋に行ってみると、入口のおばさんがにこやかに対応してくれます。

また、女の子達も全体的ににこにこしています。

これは置屋としては非常に珍しいです。

大体東南アジアの置屋は女の子達がむすっとしながらこっちを見ているのが主流ですが、たくさんの女の子がにこにこしながらこっちを見てくれるのは初めてでした。

非常にサービス精神にとんだ置屋でした。

また、値段も非常に安かったです。

300~500Bという価格帯でした。

また、こちらの置屋にもロリがいました。

ただ、この置屋で見たロリの子のビジュアルは抜群に可愛かったです。

自分はこの置屋では元アイドリングの菊地亜美に似ている子がいたので、その子を選びました。

400Bでした。

ただ、こちらの置屋はプレイ部屋が非常にぼろかったです。

土の上にござのようなものが直接敷いてあり、そのうえにさらに布団が敷かれていてそこでプレイするという形でした。

一応扇風機があったので、それをつけてもらいましたが非常に暑かったです。

プレイ部屋の環境は微妙でしたが菊池亜美ちゃんの抱き心地は中々でした。

脱がしてみるとDカップの美乳で思わず吸い付いてしまいました。

そのまま、乳首を口に含んでもてあそんでいるとくすぐったいのか笑い出す亜美ちゃん。

寝かせて体をなめて愛撫するとこれもくすぐったいようで笑い出します。

面白くなって体の全身を愛撫してあげました。

しかし、やはり20分位するとドアをドンドンとされました。

やはり、置屋のプレイ部屋は落ち着いてセックスを楽しむ環境ではありません。

結局、亜美ちゃんもある程度濡れていたので、そのまま挿入しました。

亜美ちゃんのあそこの具合はガバガバとは行きませんが、割と緩めでした。

たくさんの男の棒を加えてきたからでしょうか?

ただ、おっぱいを吸いながら腰を振っているとめちゃめちゃ気持ち良くなってきて一気に発射できました。

これで、本日の一発目は無事に完了です。

亜美ちゃんが部屋を出た後に服を着替えていると他の女の子が部屋をのぞいてきて、自分に笑顔で何か言ってきました。

ここの置屋の子は本当にフレンドリーでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です